東北地方太平洋沖地震発生に対する緊急会長声明

2011/03/18

3月11日午後2時46分に起きた三陸沖を震源とする大地震は、巨大な津波と福島第一原発の事故をも引き起こし、当初の予想を遙かに上回る甚大な被害が発生しており、未だその被害の全容は明らかとなっておりません。静岡県司法書士会及び会員全員を代表して、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

東北地方・関東甲信越地方を中心に死者・行方不明者は1万5000人を超え、多数の方が不自由な避難生活を送っていると伝えられています。過酷な生活を続ける被災者の皆様のご苦労・ご心労は、静岡県に暮らす私たちの想像を絶するものでしょう。

静岡県司法書士会は12日に災害対策本部を設置しました。今後起こりうる様々な法律相談に対処すべく、日本司法書士会連合会・各地の司法書士会などと連携し、情報の収集に努め、その対応を進めております。被災者の皆様が一日でも早く平穏な日々を取り戻すことができるよう、静岡県司法書士会は協力を惜しまない所存です。

平成23年3月18日
静岡県司法書士会 会長 早 川 清 人