こんな時どうする|静岡県司法書士会

私は、数年前から、借金の返済のために別の会社から借入れを繰り返すという自転車操業状態が続き、現在、借金の総額が200万円を超えてしまいました。誰にも相談できず、どうすれば良いのか、わかりません。

いくら返しても終わらない借金

あなたは、これまで借金を減らそうと懸命に努力をしてきましたね。
でも、払っても払っても、元本が減っていかない。むしろ、頑張って返済すればするほど生活費は不足し、あなたは、返済のために新たな借入れをしなければならなくなったのでしょう。

法定利率を超過した貸付

でも、病気や事故や、一時的な出費のために借りた数十万円のお金を返していくのに、他から借りなければならないというのは、あなたのせいなのでしょうか。
法律では、利息の上限が定められ、それを超える利息の契約は無効と定められています。
その無効な利息の契約に従って返済を続けた結果、借金が増えてしまったとすれば、それは何もあなただけに原因があるというわけではないでしょう。
その調査のために、まずは、契約内容を調査し、法律で定められた利率で計算し直すために、各借入先に取引履歴を開示してもらうことが必要です。

あなたの家計状況は?

それと並行して、あなたの生活状況を聞かせてください。
収入はどれくらいですか。家賃や食費などの生活費には、どれくらいかかりますか。
収入から生活費を差し引いた金額の範囲でしか借金の返済はできません。
法律上の元本と、あなたの家計状況を見比べて、冷静に解決の方法を考えましょう。

多重債務を解決するために

解決の方法として、自己破産、個人再生や特定調停、任意整理などがありますが、借金整理をするということは、それら手続のみに留まらず、そもそも、あなたの生活を再建していただくことが目的です。
また、仕事が無くて収入がないのであれば、借金の解決だけではあなたの生活の再建は困難かもしれません。そのような場合、生活保護の申請も検討したほうがよいときもあります。

法律相談や手続費用でお悩みの方には、法テラスが行う法律扶助という制度があります。
一人で考え込まず、とにかく一度、私たちとお話ししてみませんか。